絶対に食べてはいけない食品20選

私たちが口にするものは、身体的な健康だけでなく、精神的な面にも影響を与えることをご存知ですか?慢性的な健康問題は歴史上のピークを迎えていますが、これには加工食品が関係していると考えて間違いありません。

食べてはいけないものは、常識的に考えて、揚げ物はよくないとされていますし、慢性炎症疾患のリスクもあります。しかし、加工食品となると、なかなか難しいものです。食品の専門家は、これらの食品を食べ過ぎることの危険性を警告しています。しかし、加工食品とは一体何なのでしょうか?

加工食品とは、調理中に何らかの手を加えられた食品のことです。食品加工は、冷凍、缶詰、焼いたり、乾燥させたりといった基本的なものから始まります。

すべての加工食品が不健康というわけではありませんが、加工食品の中には、おいしく食べられるようにしたり、保存期間を長くしたりするために、塩分、糖分、脂肪分が多く含まれているものがあります。加工食品を買うと、自分が買って食べている食品にどれだけの量の砂糖、塩、脂肪が加えられているかを知らないため、推奨される量以上の砂糖、塩、脂肪を食べてしまう可能性があります。

また、これらの食品は、砂糖や脂肪が大量に添加されているため、カロリーが高くなる可能性があります(出典:英国国民保健サービス)。したがって、加工食品を毎日大量に食べると、健康状態が悪化する可能性があります。一般的な加工食品の例としては、朝食用シリアル、パン、パッケージされたスナック、調理済み食品、ベーコンやハムなどの肉製品などがあります。

これらの有害な食品をリストアップしてみました。もし、これらの食品を日常的に摂取しているのであれば、食生活の見直しを始める必要があるでしょう。

この記事の続きを読む

Comments